保険会社ラブラック、業界初の恋愛保険をスタート

 大手保険会社「ラブラック」は、20歳未満を対象に3種類の新恋愛保険商品「トキメキ」「ハッピー」「明日があるさ」の販売を開始した。恋愛という人間関係における一種の状況を保険商品として扱うのは世界初で、同性同士の恋愛も対象となっている。

 

 「トキメキ」は、片思い中の人が対象。「ハッピー」は交際が始まった人、「明日があるさ」は失恋した人が対象。それぞれに保障と特約が付いている。

 

 保険内容として「相談」「対応」「保障」の3つあり、「相談」は交際中の二人に関する悩み相談ができ、「対応」は恋愛中のトラブルや事故に対して専門スタッフが24時間体制で対応する。「保障」はお祝い金の進呈や恋愛積立基金、失恋時の見舞金の提供など、金銭的なサポートが主。

 

 特約は、デートコースの選定やプロデュースなど二人の関係を物理的にサポートするサービスが付いてくる。

 

 ラブラックでは、新商品の企画にあたり同社に勤務する30~50代の女性社員を中心に、10代の頃の恋愛経験を丁寧にヒアリングした。約8割の社員が10代の恋愛において多くのつまずきを実感し、自信の喪失、恋愛に対する恐怖心などを覚えたと回答。

 

 「当時、相談できる相手や、交際中の多種多様な問題の解決方法が欲しかった」などの声も上がり、これらの意見を反映させる形で、世界初の恋愛保険商品が誕生した。

 

 ラブラックの同商品販売責任者・渡 松子さんは「少子化の時代にあって晩婚化や恋愛離れが進んでいる現在、この保険が少子化対策や人口問題の解決に役立ってくれたら幸いです。この保険を利用して多くの方々が踏み出せないでいる『恋の第一歩』をお手伝いできれば嬉しいですね」と語っている。

 

2019年07月07日 07時07分 
【 記事一覧へ 
関連記事:
・ボノボに学ぶ、愛の形
・増える「恋愛神経麻痺」
​R18  イタリア人に学ぶ!ちょいワル恋愛の極意

※ GA Journalの記事内容はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません

© 2018 GAJIO project

mf_black_72dpi.png