検索

夢占い「トイレ」


2日連続でトイレの夢を見た。1日目の夢は、知らない場所(のトイレ)で、限界まで我慢していた水分をやっとの思いで放出している夢。あまりきれいなトイレではなく便器にウンが付いていた。体内容量はすでにMAX。わがままは言えない。...その放出時間の長さと解放感たるや、驚くほど。


2日目は、知人がオープンしたサロンに出向いていて、そこのトイレを借りる夢。ここでも掃除が行き届いておらず、便器にはやっぱりウンが。「これじゃあ、どんなにコンセプトが良くてもお客さん離れちゃうんじゃないの...」なんて思いながら、利用。


2日目の朝、目が覚めて、さすがに「トイレ 夢」で検索。ずらりと並んだ夢占いサイトのタイトルには「トイレは不要なものを洗い流して浄化してくれる場所の象徴」「あなたが抱えている悩みや問題が解決され...」「トイレの夢は金運アップの象徴!」「汚いトイレの夢のうち、排せつ物が残っている場合は、金運や仕事運、恋愛運、健康運などすべての運気が上昇している」「くじ運も上昇、大吉夢!」...


巷に溢れる夢占い。ネット広告を稼ぎたいサイト運営者がやたらとアップしている夢占い。在宅ライターさんが他サイトのコピペ+多少のアレンジで増殖させまくっている夢占い。つまり、なんの根拠もない夢占い。


「つい信じてしまいたくなる心理」に負けていく自分が、ほのかに哀しい朝だった。直後にナンバーズ購入方法をチェックしたのは、ここだけの秘密。MH



最新記事

すべて表示

私には手が届かない

ユニークなクロージングには、急を要する際、インナーや靴下に限り、お世話になっている。先日も最低限のものを買いに銀座の旗艦店を訪れた。そう、1~4階までの4フロアがユニークなクロージングで埋め尽くされた、あの店だ。 ものすごい品数で、定番から有名デザイナーとのコラボ商品まで価格帯も広い。「ここで一着に数万円も出すなら、もはやデザイナーズブランドでちゃんと選んで買いたい」という心の声が響かなくもなかっ

愛する人が編んだ紐

祖母が死んだ。 突然の転倒のちょうど1ヶ月後のことだった。転倒した時には頭部を数針縫ったもののお医者様も驚くほどの回復を見せていて家族もほっと安心していた頃だった。 祖母とわたしは何となくお互いがほっとできる存在だった。何もかもを話すわけではなかったが、気のおけない親友のような、一緒にいるだけで心安らぐ存在だった。 突然の再入院の連絡から数時間後には意識を失い、その5日後に、逝ってしまった。95歳

自由と権利と責任

いま、じわじわ広がりつつある空気感の中で、わたしがものすごく嫌なのは、#COVID19 に関わる自粛があくまで「要請」でありながら、一部で「見せしめ」行為が行われ、個人の自由と権利が奪われていることだ。