検索

私には手が届かない

ユニークなクロージングには、急を要する際、インナーや靴下に限り、お世話になっている。先日も最低限のものを買いに銀座の旗艦店を訪れた。そう、1~4階までの4フロアがユニークなクロージングで埋め尽くされた、あの店だ。


ものすごい品数で、定番から有名デザイナーとのコラボ商品まで価格帯も広い。「ここで一着に数万円も出すなら、もはやデザイナーズブランドでちゃんと選んで買いたい」という心の声が響かなくもなかった。が、今日は定番インナーを買いに来たのだ。色鮮やかなワンピースに用はない。


お目当ての商品を発見した。... 陳列棚の一番上の段に。私が欲しい商品が、確かにそこに掛かっている。目線のずいぶん上の方だ。身長が低い私がいくら背伸びをして手を伸ばしても、かすりもしない高さである。


無理だ。


店内スタッフは、どなたも忙しそうにしている。一番近くにいた推定20代のイマドキきれいめ男子に声をかける。「一番上の段にある商品が取れないのですが、踏み台をお借りできますか?」。彼は言った。「すみません、踏み台はないんです。ぼくがお取りします」。


私が今日買いたいのはインナーである。自分が着るものの中で一番肌に密着する衣服である。店頭に並んでいる間は、そりゃ、数ある商品の中の1アイテムだろう。だが、ひとたび客が購入すれば、その人にとっては、とてもプライベートな一枚となるのだ。いくら安価で、スポーティーなデザインで、ジャブジャブ洗い放題だとしても、それは、私の肌を包む、見ず知らずの他人には見せることのない衣服となるのだ。


とっさに「では、結構です」と答えていた。彼は、きょとんと目を丸くしていた。もちろん、彼は何も悪くない。


背が低い。手が短い。どんなに伸ばしても届かない。知らない男に取ってもらうのも激しく嫌だ。そんな私に残された道。それは、ジャンプ。人目を気にせず、思いきり飛んだ。まるで小学生のように。おかげで今、新しいインナーたちはジャブジャブ洗われ、夏の風に揺れている。MH

最新記事

すべて表示

愛する人が編んだ紐

祖母が死んだ。 突然の転倒のちょうど1ヶ月後のことだった。転倒した時には頭部を数針縫ったもののお医者様も驚くほどの回復を見せていて家族もほっと安心していた頃だった。 祖母とわたしは何となくお互いがほっとできる存在だった。何もかもを話すわけではなかったが、気のおけない親友のような、一緒にいるだけで心安らぐ存在だった。 突然の再入院の連絡から数時間後には意識を失い、その5日後に、逝ってしまった。95歳

自由と権利と責任

いま、じわじわ広がりつつある空気感の中で、わたしがものすごく嫌なのは、#COVID19 に関わる自粛があくまで「要請」でありながら、一部で「見せしめ」行為が行われ、個人の自由と権利が奪われていることだ。

スーパーセンチナリアン

2020年を迎える年始、93歳になる祖母が「お泊まり」にやってきた。祖母は大正15年、農家の生まれで、14人きょうだいの次女。長女を含む数人が若年で亡くなっているため、実質の長女(時には親代わり)として、長い間、幼いきょうだいの面倒を見てきた。今は、ケアセンターで悠々自適な暮らしをしている。 ウチには、小鳥が1羽いる。そして、リビングの片隅にはプレゼントされた小鳥の置き物がある。大晦日の夜、わが家