検索

過剰なアレ


久しぶりにJRに乗ると辟易することがある。必要以上に長く丁寧すぎる車内アナウンスだ。


現在地がどこで、次の駅がどこなのか。おおよその到着時刻。そのくらいのアナウンスで充分なのに、やれ「携帯電話をマナーモードに」だの「通話はデッキで」だの。極めつきは「貴重品の管理はお客様ご自身で行なってください」「貴重品の扱いには充分にご注意ください」… 心底、辟易する。


わたしが訪れた中では、こんなアナウンスをする国はなかった。電車の中で人の迷惑にならないように気を配ることを、公共のアナウンスで言われなければできないほど、わたしたちはおバカなのか。人に言われなければ、貴重品の管理もできないのか。


百歩譲って、できないとして、それらができなくて恥ずかしい思いをするのは本人だ。本人の責任で恥をかいたり、あたふたすればいいだけのことである。公共のアナウンスに言われる筋合いは、まるでない。


子どもの頃から、わかっていることや自分で考えて決めるべきことを人にとやかく言われるのが嫌いな質だったから、やけに気になるのかもしれない。が、こういう過剰なサービスが日本人の質を落としている気がしてならない。


わたしたちは、いつから「して(言って)もらって当たり前」になってしまったのだろう。いつから「そんな説明はなかった」という責任転嫁でサービス提供者を責めるようになってしまったのだろう。これらの行為は、よくよく考えなくても、幼稚の極みだ。


「危険ですので白線の内側にお下がりください」と、言われて初めて気づくようでは、その状態こそが、いろんな意味で、危険である。


でも、この過剰サービスの中に暮らしていると、誰もが、これを日常の風景として「慣れ」、ボケていくのだ。そういう国に暮らしていることを忘れてはいけないな。車窓に映る紅葉を見ながら、しばし考えた。MH





最新記事

すべて表示

愛する人が編んだ紐

祖母が死んだ。 突然の転倒のちょうど1ヶ月後のことだった。転倒した時には頭部を数針縫ったもののお医者様も驚くほどの回復を見せていて家族もほっと安心していた頃だった。 祖母とわたしは何となくお互いがほっとできる存在だった。何もかもを話すわけではなかったが、気のおけない親友のような、一緒にいるだけで心安らぐ存在だった。 突然の再入院の連絡から数時間後には意識を失い、その5日後に、逝ってしまった。95歳

「自由と権利と責任」の話

いま、じわじわ広がりつつある空気感の中で、わたしがものすごく嫌なのは、#COVID19 に関わる自粛があくまで「要請」でありながら、一部で「見せしめ」行為が行われ、個人の自由と権利が奪われていることだ。

スーパーセンチナリアン予備軍

2020年を迎える年始、93歳になる祖母が「お泊まり」にやってきた。祖母は大正15年、農家の生まれで、14人きょうだいの次女。長女を含む数人が若年で亡くなっているため、実質の長女(時には親代わり)として、長い間、幼いきょうだいの面倒を見てきた。今は、ケアセンターで悠々自適な暮らしをしている。 ウチには、小鳥が1羽いる。そして、リビングの片隅にはプレゼントされた小鳥の置き物がある。大晦日の夜、わが家

© 2018 GAJIO project