検索

過剰なもの


久しぶりにJRに乗ると辟易することがある。必要以上に長く丁寧すぎる車内アナウンスだ。


現在地がどこで、次の駅がどこなのか。おおよその到着時刻。そのくらいのアナウンスで充分なのに、やれ「携帯電話をマナーモードに」だの「通話はデッキで」だの。極めつきは「貴重品の管理はお客様ご自身で行なってください」「貴重品の扱いには充分にご注意ください」… 心底、辟易する。


わたしが訪れた中では、こんなアナウンスをする国はなかった。電車の中で人の迷惑にならないように気を配ることを、公共のアナウンスで言われなければできないほど、わたしたちはおバカなのか。人に言われなければ、貴重品の管理もできないのか。


百歩譲って、できないとして、それらができなくて恥ずかしい思いをするのは本人だ。本人の責任で恥をかいたり、あたふたすればいいだけのことである。公共のアナウンスに言われる筋合いは、まるでない。


子どもの頃から、わかっていることや自分で考えて決めるべきことを人にとやかく言われるのが嫌いな質だったから、やけに気になるのかもしれない。が、こういう過剰なサービスが日本人の質を落としている気がしてならない。


わたしたちは、いつから「して(言って)もらって当たり前」になってしまったのだろう。いつから「そんな説明はなかった」という責任転嫁でサービス提供者を責めるようになってしまったのだろう。これらの行為は、よくよく考えなくても、幼稚の極みだ。


「危険ですので白線の内側にお下がりください」と、言われて初めて気づくようでは、その状態こそが、いろんな意味で、危険である。


でも、この過剰サービスの中に暮らしていると、誰もが、これを日常の風景として「慣れ」、ボケていくのだ。そういう国に暮らしていることを忘れてはいけないな。車窓に映る紅葉を見ながら、しばし考えた。





最新記事

すべて表示

2020年(正確には2019年12月)に COVID-19 が蔓延して、世の中が変わった。2022年2月24日にはロシアによるウクライナ侵攻が始まり、同7月8日には元首相の暗殺事件が発生。世の中の空気は、ますます変わってきている。 その間、しばらく執筆を休んでいた。世の中がどれほど変わっても、変わらないものがある。その代表格が「人間」であり「自分」でもある。 家族の中で、COVID-19 のワクチ

ユニークなクロージングには、急を要する際、インナーや靴下に限り、お世話になっている。先日も最低限のものを買いに銀座の旗艦店を訪れた。そう、1~4階までの4フロアがユニークなクロージングで埋め尽くされた、あの店だ。 ものすごい品数で、定番から有名デザイナーとのコラボ商品まで価格帯も広い。「ここで一着に数万円も出すなら、もはやデザイナーズブランドでちゃんと選んで買いたい」という心の声が響かなくもなかっ

祖母が死んだ。 突然の転倒のちょうど1ヶ月後のことだった。転倒した時には頭部を数針縫ったもののお医者様も驚くほどの回復を見せていて家族もほっと安心していた頃だった。 祖母とわたしは何となくお互いがほっとできる存在だった。何もかもを話すわけではなかったが、気のおけない親友のような、一緒にいるだけで心安らぐ存在だった。 突然の再入院の連絡から数時間後には意識を失い、その5日後に、逝ってしまった。95歳