検索

大腸検査

数年ぶりに、健康診断を受けた。


飲まず食わずで会場に行き、4本もの血液を採った。肺の撮影の後、バリウムを飲み干し、体を右に左にと傾けて胃のレントゲンも。どうでもいいけれど、検査技師さんの発する声がとても聞き取りづらく、体の向きは、ほぼ勘だった。


マイクの調子が悪いのか、はたまた検査技師さんの滑舌が悪いのか。「はい、もうちょっと、〇に向いてください」。右か左かを言っているのだろうが、その部分だけがくぐもって聞き取れない。右も左もわからないって、まさに、このこと。


数週間後、検査結果が届いた。当日持参した検便キットの結果も同封されている。「大腸がん検診の結果、精密検査をお勧めします」との文字。その検査方法には「免疫学的便潜血検査」とある。「1日目 陽性」「2日目 陰性」。この結果を見て、思わず吹き出した。


だって1日目は、こんな時に限って、とっても、とっても便秘だったのだ。粘りに粘って出てきたのはウサギのような... 硬度も高い。で、一番困ったのが、便の採取。ウサギが硬すぎて表面がツルッツルなので、採取キットの凹凸が施された先端部が、ウサギに引っかからないのだ。


トイレの中でひとり悪戦苦闘し、何とか、わずかなウサギを採取。こんなもの(の一部)を提出して良いのか?と悩んだが、もう日数がなかった。そりゃ、あるでしょう、潜血も。ちょっと痛かったしね。


「わたしも一度引っかかったんだけど、便秘っぽくて、あ、ちょっと切れたかな?って思った時だったから、陽性で来たけど、精密検査には行かなかったよ」。少し前に、ちょうど現役看護師の友人からそんな話を聞いていたから、まぁ、そういうこともあるよね、と用紙を静かに封筒に戻し、資源ゴミへ。


ちなみにもうひとつ、引っかかったものがあった。それも体質らしく、会社員時代の健診でも、いつも要精密検査とされていた。「この数値、母も祖母も高いしなぁ。でも祖母なんて92歳でぴんぴんに元気だし」。一考し、こちらも、やはり資源ゴミへ。


この健康診断に何の意味があったのか、一番疑問に思っているのは、わたし自身である。MH

最新記事

すべて表示

愛する人が編んだ紐

祖母が死んだ。 突然の転倒のちょうど1ヶ月後のことだった。転倒した時には頭部を数針縫ったもののお医者様も驚くほどの回復を見せていて家族もほっと安心していた頃だった。 祖母とわたしは何となくお互いがほっとできる存在だった。何もかもを話すわけではなかったが、気のおけない親友のような、一緒にいるだけで心安らぐ存在だった。 突然の再入院の連絡から数時間後には意識を失い、その5日後に、逝ってしまった。95歳

「自由と権利と責任」の話

いま、じわじわ広がりつつある空気感の中で、わたしがものすごく嫌なのは、#COVID19 に関わる自粛があくまで「要請」でありながら、一部で「見せしめ」行為が行われ、個人の自由と権利が奪われていることだ。

スーパーセンチナリアン予備軍

2020年を迎える年始、93歳になる祖母が「お泊まり」にやってきた。祖母は大正15年、農家の生まれで、14人きょうだいの次女。長女を含む数人が若年で亡くなっているため、実質の長女(時には親代わり)として、長い間、幼いきょうだいの面倒を見てきた。今は、ケアセンターで悠々自適な暮らしをしている。 ウチには、小鳥が1羽いる。そして、リビングの片隅にはプレゼントされた小鳥の置き物がある。大晦日の夜、わが家

© 2018 GAJIO project