東京オンリーピック2020

 先日行われた東京オンリーピック2020公式テーマソング先行会議の場において、候補曲のひとつであった「世界に1つだけのフラワー」をめぐり、会議が難航し、決定は次回に持ち越しとなった。

 

 「世界に1つだけのフラワー」の歌詞を一部抜粋すると

 「№1にならなくてもいい」

 「ぼくたち人間は一番になりたがる」

 などの歌詞が含まれており、他者との比較をやめて、個人を高めることを推奨する歌として有名だが、その歌詞が、オンリーピックの理念である「オンリーピズム」に合うかどうかが論点になったため。

 

 「オンリーピズム」理念には大きく3つのポイントがある。

 

 ①卓越:(勝敗でなく、全力をつくすことが大事)

 スポーツに限らず人生においてベストを尽くすこと。大切なのは勝利することではなく、目標に向かって全力で取り組むこと。

 

 ②友情:(世界平和を目指す)

 チームメイトや対戦相手との交流は、人と人とを結びつけ互いの理解を深める。そのことは平和でよりよい世界の構築に寄与する。

 

 ③敬意:(フェアープレーの精神)

 互いに敬意を払い、ルールを尊重することはフェアープレー精神を育む。

   

 そもそも「オンリーピック」がワールドカップなど他のスポーツイベントと決定的に異なる点は、この「オンリーピズム」という理念が存在する点である。今回の会議では、この「①卓越」の項目についての解釈の違いが会議の延期を招く結果となった。

 賛成議員からは「本来、参加することに意義があるはずのオンリーピックなのに、メダル重視の風潮が続いている。この歌を推薦することにより、もう一度オンリーピックのあり方を考え直してほしい」「日本では多様性を認めると言いながら、一番を求める姿勢はおかしい」「教育は建前で、スポーツは本音を教えるのが日本の教育制度なのか」などの意見が出された。

 

 一方、反対議員からは「オンリーピックは各国が競い合うモノだ」「そもそも競技スポーツは順位づけをするものであり、この歌はその大前提にそぐわない」「教育場面とスポーツ場面では、目指すものが違う」などの声が聞かれた。

 

 この会議結果を受けて政府は「重要な話なので、しっかりと議論を深めていただきたい」とコメントしている。

2020年02月20日 20時20分 
 記事一覧へ 
関連記事:

・歴代オンリーピックテーマ曲(日本編・世界編)

・オンリーピック音頭 2020 発表

・開会式で土俵入り?世界のHONTAが巨大力士を建造中

※ GA Journalの記事内容はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません

© 2018 GAJIO project